1. HOME
  2. 事業内容
  3. 2.屋根塗装
  4. 1.屋根塗装について

2.屋根塗装

Roof painting

2.屋根塗装

1.屋根塗装について

屋根塗装 ピカピカにします! 

屋根塗装に関してお伝えしたいこと

お住まいになっていると屋根は普段なかなか意識がいかないものだと思います。しかしながら屋根を適切な時期に塗装することは建物に良い効果をもたらします。外壁塗装と共に屋根塗装も大切なお住まいを守る重要なメンテナンスです。つい見過ごしがちですが、傷みの原因となる紫外線や雨風からお家を守っている大切な部分、屋根について塗装のポイントをお伝えします。

屋根塗装で特に大切な工程

メーカーの仕様を守る

塗料の希釈、塗り回数、塗り重ねるときに時間をどの程度空けるかなど 塗料の効果を発揮できる方法で施工します。いくら機能が優れた塗料を選んでも扱い方(塗装工程)を確実に行わないと効果が半減してしまいます。

屋根塗装のポイント

高圧洗浄機で入念に汚れを流します

コケやカビ・ホコリなどの汚れをしっかりと取り除くことが出来れば塗料の定着が良くなりますので、塗料の持つ性能が十分に発揮されます。特に屋根は外壁以上に藻・コケ・カビが発生しやすいです。塗装する前にハイパワー高圧洗浄機で汚れを落とします。
私たちはさらにノズルの先端にはトルネードアタッチメントを装着します。洗浄水が渦巻き状に噴射されるため洗浄力が強化されます。

高圧洗浄前 屋根のカビ・コケ汚れがびっしりです。足場が組まれて屋根に上がれるうちにチェックしましょう。

高圧洗浄後 汚れがすっきりしました。その後の塗装で塗料の密着性を高め効果が十分に発揮されます。

一軒一軒、屋根のダメージに応じた工程

高圧洗浄機で汚れを落としたので「さあ塗りましょう」では無いんです。塗装前には「下地処理」をします。ヒビを埋めて下地を補強することです。下地補強をすることで耐久性に差がでます。下地補強した部分は塗装で綺麗になりますので見た目には分かりません。見えないところこそ大切にしています。

屋根のヒビを発見しました。

屋根のヒビ埋めは、耐久性に差がでます。

外壁同様に塗装前の下地補強は大切です。

下地処理が終わりいよいよ塗装します。屋根の耐久性を保つためには上塗り材よりも下塗り材が重要です。屋根のダメージが特に大きい場合、下塗り材を2回塗ります(通常は1回)下塗り材を2回塗ることでその後に使う上塗り材の密着性が高まり、しっかりとした塗膜をつくります。こうしてダメージの大きい屋根も、適切な方法で塗装することで持ちが良くなります。

当社にお任せいただくにあたり

見積もりの現地調査から始まり、施行中の管理、完了後の入念な確認、アフターフォローも100%私が行っています塗装職人として現場で20年以上経験を重ねてきました。国家資格である一級塗装技能士も取得し、経験・知識ともに自信があります。私がプロの目で最適な塗装工事をいたします。

お客様の声と実例

【外壁塗装】
1.外壁塗装について
1.屋根塗装について
2.契約や工事の工程
3.塗料について
4.よくある質問