1. HOME
  2. 事業内容
  3. 3.その他
  4. 屋根張替え

3.その他

Others

3.その他

屋根張替え

事業内容目次_その他1【屋根】ミニ

いつかは必要になる屋根の張り替えについてお話します。

いつかは必要になる屋根の葺き替え(張り替え)工事

屋根は定期的に塗装メンテナンスを行なっていても耐用年数を過ぎると葺き替え工事が必要になる場合があります。必要な時期に葺き替え工事を行なわず放っておくと、屋根の雨漏りなどお家全体の寿命を縮めてしまう可能性があります。
ただ屋根材の種類によって耐用年数も様々ですし、寿命が来るタイミングも立地や環境によって差が出ます。屋根の葺き替えが必要になる劣化症状をご紹介します。葺き替え工事が必要な時期や費用を把握して、実際の工事に備えていきましょう!

 

葺き替えが必要な劣化状態

葺き替え工事が必要になる時期は屋根材によって差があります。また、立地や環境によって実際に必要になるタイミングに差が出ますタイミングに差が出ます。そのため、今がそのタイミングだ!と分かるように葺き替えが必要な劣化症状についてもご説明します。これから紹介する劣化症状があれば葺き替えの時期が来ていますので症状が出ていないか確認しましょう。

その1:広範囲にわたるひび割れ・欠け

耐用年数が近づくと、ひび割れや欠けが起きやすくなります。ひび割れた屋根のかけらは落下の危険性もあるので対処が必要です。

その2 コケの繁殖し根付いている

屋根の防水性が落ちて、湿気を含み続けるとコケが繁殖して根付いてしまいます。コケが根付くと屋根の強度は落ちてボロボロになってしまうので対処が必要です。

屋根のコケ写真

その3 屋根が柔らかくなっている

屋根に登った時に、フカフカする場合は、屋根材内部の野地板まで水が浸透してしまっている恐れがあるので対処が必要です。

その4 すでに雨漏りしている

屋根が原因で天井や屋根裏に水が染みてしまっている場合は、雨漏りが深刻になる前に対処が必要です。

点検・見積もり無料

スレート屋根の場合は、雨漏りしていなけれは既存の屋根の上から新しい屋根を被せる「カバー工事」をする事も可能です。お家のなかで屋根は特に確認することが難しい場所だと思います。屋根の点検、お見積りを致しますので、気になるところがありましたら何時でもお問い合わせください!

『これも頼める?』ついで仕事一覧

屋根張替え

火災保険

シロアリ駆除

お問合せ・お見積り