1. HOME
  2. ブログ
  3. 志田さん困った!よくあるご相談
  4. Q:ベランダの床このままで大丈夫ですか?

お知らせ

information

志田さん困った!よくあるご相談

Q:ベランダの床このままで大丈夫ですか?

A:そのままではダメです×

ベランダ床にひび、剥がれがありましたら対処が必要です。また苔汚れが目立つ場合は、防水効果が低下し劣化が進行しているサインです。

屋根や外壁と同じく、ベランダも雨や風、紫外線にさらされ、メンテナンスを怠ると雨漏りのリスクをはじめ、家そのもの劣化を進めてしまう恐れがあります

⭐︎ベランダの防水工事の役割⭐︎

ベランダは防水効果のある塗料や防水シートを敷いたりすることで、雨や紫外線から家を守っています。


防水機能がないベランダは、家の雨漏りや劣化に繋がります。


雨が吹き込みやすいベランダは、屋根のように斜めに作られていないため、防水塗装をしなければ雨水などが床材にしみ込んでしまうのです。


しみ込んだ水分から雨漏りが発生し家の劣化へと繋がっていきます。
特にベランダの床や手すりなどは劣化しやすいので注意が必要です。


耐水性が失われるとベランダと繋がっている外壁や室内に漏水してしまうことがあります。


また時間の経過とともに防水機能は徐々に低下します。


塗膜劣化でひび割れが生じると防水機能の効果はなくなってしまいます。その結果雨漏りや家の劣化に繋がるため、大切な家を守る役割を果たせなくなってしまいます。

☑️ベランダ防水の劣化症状チェック☑️

☑️剥がれ

ベランダ防水工事は、塗装やシートでの防水処理をしていることが多いです。

塗料やシート防水が剥がれてしまうと、劣化はどんどん進み防水機能を発揮することができません

☑️ひび割れ・汚れ

ベランダ表面にひび割れや苔が発生していれば、防水機能が低下している証拠です。
放置すると劣化が進行します。

 

☑️表面の膨れ

ベランダ床に水膨れのような膨れが起きている場合は、塗膜が薄くなり防水機能が低下していると考えられます。

ひび割れの部分から雨水が入ることで膨れに繋がる場合もあります。

 

☑️手すりなどのサビ

金属が使われる手すりは通常、表面が塗装で保護されています。

しかし紫外線や雨などで塗膜が劣化してしまうと、塗膜の下にある金属部分まで水分が入りこみ錆びの発生、雨漏りのリスクも。

 

 

☑️水がたまる

防水機能があるベランダは、雨水などの水分を排水溝へと流してくれます。
防水機能が低下したベランダは、排水溝に水をうまく流すことができません。放置すると劣化スピードを早めてしまいます

 

〜大切なお住まいに安心して長く住むために〜

お気軽にお問い合わせください

点検や見積もりに費用は頂きません

【対応エリアのご案内】

佐倉市/四街道市/八千代市/印西市/千葉市/酒々井町/富里市/成田市/八街市

佐倉市|印西市|外壁屋根塗装専門店|塗り替えは創業30年ファースト・リフォームへ