1. HOME
  2. 社長の塗装実験室
  3. TEST-1【1】 種類別の塗装耐久テスト 開始

LABO

社長の塗装実験室

塗料耐久比較テスト

TEST-1【1】 種類別の塗装耐久テスト 開始

「外壁塗装に使う塗料っていろいろあるけど、本当にメーカーさんが言うとおりの能力をもってるのかな~」という塗料メーカー泣かせの素朴な疑問を解決すべく、実験期間のながそうな実験を始めました。10年かかったりして~(^^)(2009年に書いています)
千葉県佐倉市にある当社の資材置き場に、塗料研究用壁面製作しました。塗料の樹脂別耐久性や耐候性、汚れ、カビ等の発生を調べる為の壁面です。

1

南向き面は、汚れ、塗膜の耐久性、耐候性を主に調べる壁面です。壁面素材は家の外壁で最も普及しているサイディングを使用しました。家の外壁よりも過酷な状況とするため、壁面は日光や、雨風によくさらされるように、斜めに設置しました。

2

北向き面は、カビ、藻、コケ等の発生を主に調べる壁面です。こちらも南向き面と同じ理由で、素材はサイディング、設置方法は斜めに設置しました。

3

通常サイディング材にはシーラーという透明な下塗り材を使用しますが、写真では確認が不可能なので、今回は、フィーラーという下塗り材を使用しました。北面は素地を残したかったので、素地部分を残してフィーラーを塗りました。

4

北面は素地を残したかったので、素地部分を残してフィーラーを塗りました。

5

南向き面は、マスキングテープで、壁を5つのセクションに分け、それぞれ違う塗料を塗装しました。北向き面は素地を含み、4つのセクションに分けました。塗料は全て防カビ材入りです。

6


塗料は高価な物から、かなり安価な物まで揃えました。比較的高価と言われる塗料が高い機能を発揮するのか、安価な物がどの程度の能力があるのか見ものです。また、メーカーによる能力の違いも見逃せません!
おそらくながーい期間の実験になるので、お付き合いお願いします。インターネットでの公開なので、メーカーさんのお名前は伏せさせていただきました。知りたい方は、ご遠慮なく志田までご連絡下さい。